#20160818 箕面市議選候補村川まみさんへの応援演説(風)

今日は、現在箕面市議選に立候補して毎日頑張っている村川まみさんについて書こうと思います。

ぶっちゃけ寝込んでしまい現地に行けませんあたしから、オンライン応援演説という事で書かせて頂きます。

13880154_10210258264998141_3805490581678219708_n

村川まみさんとのつながりはtwitterでした。いつの間にか共通のお友達からつながりました。

そこから数か月、まさか立候補しマイクを持って街宣を頑張っているとは想像もつきませんでしたが、まみさんのその行動力はすごいと思います。

それは平和だったり、環境を守りたいだったり、子供たちやママパパたちの生活を守りたいという気持ちからのアクションだという事は実際に会ってみてもブレることなく、そして本物なんだなといつも思います。

実際会って話していて気づいた口癖は「なんでなん?」

なんで、子供たちにこんなに負担がかかる社会なの?
なんで、頑張ってるママさんの負担は減らないの?
なんで、困っている人を助けてくれる行政ではないの?

目の前にある、そして自分自身でも経験のある問題に「なんでなん?」「どうにかしたい」それが、彼女の原動力なのかもしれません。
そしてもう一つ。
もうすでにみなさんご存知かもしれませんが、まみさんはよく泣きます。^^
会って話す時、スピーチする時。
生で会っている時に、泣かなかったことないかも、と思うほどです。

でも、気が付いたのです。

彼女は自分自身の大変なことについては泣きません。
「泣きそうーー」「最悪ーー」とかいいながらも、最後は「はぁ、よし、がんばる!」と締めくくられます。
まみさんが涙するのは、子供たちの事だったり、頑張っている人、困っている人の話をする時です。

その人たちの気持ちに共感して、そして何とかしてあげたいと涙します。

 

あたしがまみさんが、議員さんい向いていると思ったのはそういう所です。
みんなの心によりそって涙するその気持ちと、それだけで済ませない、変えていきたい!と立ち上がれる行動力。そして、切り替えの良さと元気。

どれもが、彼女の持ち味であり議会で発揮できる力だと思います。

議会とはいろんな意見を持った議員さんたちが切磋琢磨し、議論し合いいい市政を作っていく場だと思います。
そこには、子育て世代、そしてママ目線の意見を届けられる議員さんも必要だと思います。

ぜひ、村川まみさんの話を一度聞いてみてください。
もし、会えそうならぜひ会ってみてください。

箕面市議会に村川まみさんを送り込んでください!
そして、あなたの声を市議会に届けましょう。
お友達、ちまこよりのオンライン応援演説でした。

箕面市議選投票日は8月21日です。

★村川まみ★

tw

web

FB